スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プチ法事(後編) 

80811-1.jpg
80811-2.jpg




いや~びっくりしました。


花福のホームページ

↓↓↓こちらをクリック♪お願いします♪
にほんブログ村 花ブログへ

↓↓↓こちらもクリックお願いします♪

VISTAの方は↓こちらから
人気blogランキングへ
いつもありがとうございます!
[ 2008/08/11 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(25)

ご先祖様が

いらしていたんですね。
こざるさんの描く、不思議キャラクターなんともいえなく好きですv-218
店長さんだけ人なのはなぜ?
花福まんがは子供の頃に漫画を無心に読んでた頃を思い出します。

[ 2008/08/11 23:30 ] [ 編集 ]

やだ、こざるさん・・・(TT)
直角、何か言いなさいっ。



[ 2008/08/11 23:55 ] [ 編集 ]

猫には見える

猫さん達には、人間の見えないモノが見えているようです。
直角さんには、ご先祖様が見えていたんでしょうね。
[ 2008/08/11 23:57 ] [ 編集 ]

大丈夫ですよ^^

きっと喜んでらっしゃるのだと思います
バチバチ。。。の経験はないんですけど 風のない締め切った部屋なのに
蝋燭の炎がすごく揺れることがあります
うちのお坊さんは『みんな来てくれてるから喜んでるわ』
とおっしゃいますから^^
[ 2008/08/11 23:58 ] [ 編集 ]

来てたね…
来てたよきっと…
でも、義母さんかどうかはナゾなんですね…
直角サン!おせ~て♪

ウチはロウソクの火がみょ~んって
大きくなりますヨ♪


ぽちりんこ♪
[ 2008/08/12 00:21 ] [ 編集 ]

ひいいい~

こ・・こわいっす~TTあ・・でもお義母さんなら怖くないか・・・(笑・・)直角君、なんかいってくれえ~><。にゃんがあらぬ所見てる時って・・ほんとこわいですよね・・^^;
[ 2008/08/12 00:37 ] [ 編集 ]

ァヮヮ((゚д゚;))

キャァ━━━(艸Д<ll)━━━ァァ!!


心霊ものは苦手ですーーー!!うわぁ(;´∀`)

動物ってなんであんな急に一点を見つめたりするんでしょうね。
こわいよぅ。こわいうよぅ。

その視線の先には何もいないと言っておくれよぅ。

(ノД`)シクシク


まぁ・・・・

でも、義母さんは喜んでおられたことでしょう。
[ 2008/08/12 01:22 ] [ 編集 ]

色即是空 空即是色

蝋燭は古かったでしょうか?新しかったでしょうか?
不純物が付いていたら、ソレが燃える音かも知れません……なんてね(^^;)
揺れているのは炎ではなく、人の心ですね。
何にせよ、故人を偲ぶ縁になればいいのでは。
あー、私もお寺へ行く準備をしなければ……
[ 2008/08/12 01:29 ] [ 編集 ]

涼しくなりました!

早くに目が覚めたので、先ほど拝見したのですが
想像以上に怖かったです!!
でも、きっとお義母さまが嬉しくなり、
「待ってたわー♪」と来られたのでしょうね!!
[ 2008/08/12 04:51 ] [ 編集 ]

先日はコメントありがとうございました!

猫は見えるといいますもんね・・・。
お盆だからお義母さんが帰ってきても
当然といえば当然ですし。
怖いようなありがたいような・・・。
[ 2008/08/12 05:50 ] [ 編集 ]

般若心経

っていい内容ですよね。私も時々寝る前に口ずさんで寝ます。猫が時々宙をにらんだりするのは、壁の向こうのねずみや虫の気配に耳を澄ましているのだという人もいますが、そういうときの態度とはあきらかにちがいますよね。うちの猫も不思議そうな表情で玄関をじっとみていることがあります。
[ 2008/08/12 07:36 ] [ 編集 ]

読んでいたら
ぞわぞわぞわとした感じが……。
直角さん、何を見たのかな?どきどき。
はんにゃ~は~ら~み~た~……
さぼっていた写経、またはじめよう♪
[ 2008/08/12 07:43 ] [ 編集 ]

私だけ?

こざるさんがお経を読んでいたのが一番びっくりしました。
そう思うのは私だけでしょうか?
[ 2008/08/12 09:07 ] [ 編集 ]

お義母さんは

「お~い帰ってきたよぉ~ただいまぁ~」
と声を出せないんで、
ロウソクで挨拶されたのでは?

みけこさんの拝んでいる姿がツボでした。
特に手がきゃわいい。

[ 2008/08/12 09:11 ] [ 編集 ]

こざるさん、お経できるんですね、凄いなー。
お義母様喜んでいたんですね。
お墓参りのときも塔婆が鳴っていましたし。
[ 2008/08/12 09:42 ] [ 編集 ]

お盆ネター

キョワイようー
もし アレだったとしても
悪いアレじゃないだろうし
いっか
[ 2008/08/12 10:11 ] [ 編集 ]

お母様、もしかして生前は悪戯好きでした?(^^)
私も心霊ものは苦手ですが、それが身近な人の霊だったりすと、「どうせいるなら姿を見せてくれ」とか、「この際話しかけてくれないかな」なんて思います。
心のこもった法事にお母さんも喜ばれたんでしょうね~。
直角くんだけは何かお話したのかな~。
教えて欲しいですね!
[ 2008/08/12 10:52 ] [ 編集 ]

いらっしゃっていたのですね。

v-484そう思います。感謝ですね。
猫さんは、感じとってくれるのでしょうね。

直角ちゃん、ニヤリングしてるぅー
きっとわかってるぅー
うんうん、教えて欲しいですね。
[ 2008/08/12 13:49 ] [ 編集 ]

はじめまして。
初コメです。

私が独身1人暮らしの頃から飼っていた猫が4年ほど前に他界しました。
亡くなってすぐに、お寺でお坊さんにお経をあげてもらっていると、バチバチという音が何度もしました。
泣いてばかりいる私の元へ来てくれたのかと考えたら、余計泣けてきました。

そんなことを思い出し、ずっとブログを拝見していましたが(もちろんクリッククリックも忘れずに)、初めてコメントしてみました。
[ 2008/08/12 16:46 ] [ 編集 ]

うん、うん

お久しぶりです!
きっとお義母さん来てたんだよ。
でも身内(もしくは知ってる人)だと思うと
不思議と怖い感はないんだよね。
あたしも明日は迎え火をします。
[ 2008/08/12 22:55 ] [ 編集 ]

偉いね~~~

こざるさん、お若いのにお勤めできるなんて
偉いですね~~。
今時、年寄りでも読めないですよ~。
うちの宗派は月命日でもお葬式でも
みんなで読経しましょうっていう宗派なんだけど
読める人は数えるほどしかいませんもん。

蝋燭がバチバチはぜるのも、蝋燭の炎が急に
大きくなるのも科学的根拠があるのだけれど
・・・・・・・・・言いにくい雰囲気ですね(笑)

でも、お義母さんはいつでも見守ってくれていますよ。
法事の時だけ来るのではありませんよ~。
[ 2008/08/13 00:15 ] [ 編集 ]

私もそう思いました

>キャンバスママさん
ボクもそう思いました。

プラス偉いなぁと思いました。
ボクには出来ません。。。

[ 2008/08/13 00:48 ] [ 編集 ]

私もそう思いました

kozaruさんが読経したのがびっくりですよ。
そちら方面の学校を出られたのでしょうかね???
[ 2008/08/13 08:38 ] [ 編集 ]

おかあさん、喜びのあまりにバチバチしてしまったのですね。良い供養になったと思います。実家の猫もたまに虚空を見つめています。何がいるの…。
[ 2008/08/13 11:41 ] [ 編集 ]

お経を上げてもらって喜んでますね♪
お義母さんなら怖くないですね。
ご先祖様のご供養は大事ですよね…
私はなかなかできてません
[ 2008/08/13 18:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/tb.php/360-39a3ed22









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。