スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒビ 

91109-1.jpg
91109-2.jpg
91109-3.jpg
91109-4.jpg


というわけで元気でやっております。
足はだいぶ良くなりましたよ~。




ちなみに前回の絵について質問が多かったので解説。
8コマ目 ナスカの地上絵「猿」
9コマ目 ブルボン絵文書(アステカ文化)にでてた怪獣
10コマ目 ガルーダ
11コマ目 悲しみの聖母マリア像

ししゃもさんのおっしゃる「石森章太郎のジュン」って見たことないんですが
どんなんでしょう???見てみたいです~。



ポチっとよろしく!
banner_hanafuku.jpg


花福のホームページ

↓↓↓こちらもクリック♪お願いします♪
にほんブログ村 花ブログへ

いつもありがとうございます!

[ 2009/11/09 23:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(46)

あぁ・・・

本当に気をつけて下さいね。。。
でも真似しちゃう所がスキです^o^
こらえてぇぇ~っ
[ 2009/11/09 23:47 ] [ 編集 ]

Σ( ・x・)え!

あれガルーダだったんですか!
いやぁ、あんまりアップどーん!なので「バロン」と「ランダ」どっちかかなぁと思ってました。
ちょっと惜しい、そして悔しいw
[ 2009/11/09 23:47 ] [ 編集 ]

“舟歌”を歌ってあげたくなりました。

私の小指のさきっちょ骨折の時は、
指の幅分の鉄板をまげて
指にかぶせる(あたらないように)
ギプスをしました。

ちなみに2回その鉄板を
折りました(歩きすぎて)
[ 2009/11/10 00:16 ] [ 編集 ]

凄い(^_^;)

なんだか、大反響ですが、続編を 描いてくれるのが、とても嬉しいです。
早く治りますようにm(_ _)m
[ 2009/11/10 01:14 ] [ 編集 ]

kozaru子の名前所以か・・・。
反応しちゃうのですね。
いけません!!
ぐっと我慢の子なのですよ~。
[ 2009/11/10 01:31 ] [ 編集 ]

ヒビで済んで良かったです。

絵については大体わかりました。

歌ですが、ルビーの指輪かすきま風あたりでどうでしょう??
侘しさが沁みますよね。

[ 2009/11/10 01:32 ] [ 編集 ]

石森章太郎の『ジュン』

なるほど、雰囲気似てるかも。
とてもいい作品です。是非探して見て下さい。kozaru さんも、きっと気に入ると思います。
文庫も出ているようですが、あれは大きい誌面で見たいですね。
まだ実家の何処かにあるはず……久しぶりに見直してみようかなぁ
ともあれ、足、お大事に(^^;)流しの扉で足の爪を剥がしかけたのを思い出してしまいました……い、い、痛っっっっ !!!
[ 2009/11/10 01:49 ] [ 編集 ]

で~ら ツボ入り

続きだ!と真夜中独りで声に出してよろこんじまいました♪

「オレに何か古い演歌歌ってくれるか」って~!なぜにそんなステキすぎるセリフがぁ~!

そしてそして、「また怪我すんぞ」の店長さんが何とも言えずイイですね
[ 2009/11/10 02:21 ] [ 編集 ]

今だけは

じっとこらえてくださいね。
[ 2009/11/10 06:52 ] [ 編集 ]

お大事に

 私も昔営業時代に客先での苦手な正座で足の感覚を失い、足の裏で地面を蹴った筈が足の甲で踏み出してしまい捻挫に。
 足を浮かして早くから歩き回ったら、普段使わないスネ前方の筋肉が鍛えられ過ぎたのか、完治した今は両足を揃えて屈伸する時、庇った足は少しがに股にしないと屈伸できなくなってしまったのでご注意下さい。
(正座は私にとっては江戸時代の拷問と同じ)
 笑いよりも感心が勝った前回の漫画で、私は南方の人間の形をした島に乗り込んだ鬼太郎をなぜか思い出しました。

 日曜に友達にお花が届きとっても喜んで貰えました(^-^)。画像を送ってもらって見てみたら本当に綺麗でした。
 誰かが喜んでくれるお仕事って素敵ですね♪
[ 2009/11/10 07:32 ] [ 編集 ]

テレビが、トリニトロンって・・・(笑)
[ 2009/11/10 08:51 ] [ 編集 ]

あんなに美人なのにkozaruさん面白すぎ!

最後のコマの「私」が半分消えているのは、
今の心情を表して影になって見えなくなってしまったのかな?
[ 2009/11/10 09:28 ] [ 編集 ]

昨夜、お風呂のドアに足をぶつけて左の薬指から流血。
つい最近、これに似たまぬけな話がどこかで…と思ったらこのブログでした。
足の指って、自分で思っていた以上に仕事してるんですね…痛いともう、歩きにくい歩きにくい。
[ 2009/11/10 09:46 ] [ 編集 ]

えっ!!
足のけがはデザインフェスタの前のことだったんですか??
それはそれは・・・大変でしたよね?
[ 2009/11/10 10:06 ] [ 編集 ]

歌ってみました♪

♪涙じゃないのよ 浮気な雨に
ちょっぴりこの頬(ほほ) 濡らしただけさ
ここは地の果て アルジェリヤ
どうせカスバの 夜に咲く
「花屋」の女の うす情け♪
・・ カスバの女。好きです。。

「ジュン」懐かしいです。
中学生の頃、「ガロ」か「コム」に連載されていました。
[ 2009/11/10 10:13 ] [ 編集 ]

腹痛い!

「うっかり」オランウータンが半分乗り移った図がめちゃめちゃ好きです。お猿さんを見ると真似したくなる時点で、もうツボです。
[ 2009/11/10 11:07 ] [ 編集 ]

きっとダンベルを蹴飛ばして足のホネを折ってる人が他にもいっぱいいるから「ふーん」なんですよ。カルテに原因書くから聞かれますよね。

テナガザルのまねしてて、と前段階も説明したら驚いてくれたかも・・・そしてカルテに書き込んでくれたかも。
[ 2009/11/10 11:16 ] [ 編集 ]

初コメントさせていただきます

初コメさせていただきますw

前回のダンベル骨折事件のブログに壮大なテーマを感じました(笑)
学生時代アステカ文化にどっぷりはまった身にとって、10コマ目の怪獣は嬉しくて仕方ないです…。
アステカは結構マニアックな文明のうちに入ると思うので、驚きました。
もしかして何か資料でもごらんになったのでしょうか??

ちなみに私はボルジア絵文書の方のオールカラー版を持ってますが、そっちでも人が怪獣やら神様に食べられまくっておりますよ…
[ 2009/11/10 11:16 ] [ 編集 ]

オランウータンのまねをしそうなkozaruさんを見る、冷めた目の直角くんに100点!!
[ 2009/11/10 11:20 ] [ 編集 ]

オラウータンの真似がしたくなるくらいは、回復なさってるんですね(笑)

やっぱり自分の中でのブームが去らないうちはやりたいですよね→この場合お猿モノマネ

Kozaru子さんのお気持ち分かります(爆)

きっとウチの旦那は、店長さんのお気持ちがよくわかることでしょう(笑)
[ 2009/11/10 11:49 ] [ 編集 ]

えっ

そんな怪我の時に風邪も加わりすみません・・・・・
まだ、若いから治りも早いでしょう。
お大事にしてください~~~
[ 2009/11/10 12:32 ] [ 編集 ]

ちょっかくさんの視線

うっかりまたまたまねしそうなkozaruさんへ直角さんが鋭い視線を!
ははは。
先生のノーリアクションに「セーフ」してるとこも爆笑。
いやはや、ちょっと最近ではありえないくらい笑わせていただきました。
ありやとさんです。
・・・でもまあお大事に。

『ジュン』ねー。ポエティックコミックですね。
そうかあ~私は思いつかなかったな。

ちょとだけここで読めますよ。よかったらどうぞ。

http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_ASG00450_001
[ 2009/11/10 12:48 ] [ 編集 ]

ごめんなさい

パロディではなかったんですね。
記憶の中のイメージとあまりに似てたので、確認せずに書き込んでしまいました。
大変失礼しました。お詫び申し上げます。m(_ _)m

bergkatzeさんの仰るように雰囲気はとても似ていると思います。
ぜひ、大型本でご覧になってください。

読者のみなさんには、Kozaru子さんの傑作で盛り上がっているところに、
水を差すような書込みで不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
お詫び申し上げます。m(_ _)m
[ 2009/11/10 12:51 ] [ 編集 ]

シロテに抱っこされている

子kozaruさん(くどい?)に今更気がついた私。
子kozaruさんじゃなくてこれがほんとうのkozaruさん??

kozaruさんて文化人ですよね。詩とかよくご存じだし、ドグラマグラも。ちゃかぽこ見たときには血の気が引きましたヨ。さらに絵も!
わたしはアステカ文化の怪獣をみて、昔うちにあった中国っぽい昔話の絵本?を思い出しましたが、タイトルが全然わからんのです。検索してみたけど、それらしいものはヒットせず。
すげー怖いんだよー。ほら穴にいる獅子がねー、口から金を出すんですけど、「ほれ、詰まってしまったようだからちょっと手を入れて掻き出しておくれ」って男に言うんですよ。男がうひゃらうひゃらと手を入れるとガブリ!で放さない。で心配した奥さんが探しに来て旦那発見!二人で解放してくれと懇願するんだけど、全然放してもらえない。奥さんは旦那さんに食べるものを運んだりするんだけど、、、、。最後どうなったっけ?って感じです。その絵がなんとも怖くて、すごく覚えてます。
怖い絵本じゃった。
お医者さんて、結構ドライですよね。わたしもよく釘や割れたタイルを踏み抜いて足の不自由があった時期が(子供のころ)ありました。変な歩き方をすると子供だから飲み込み(?)が速くて治った時に普通に歩くことができず、通常歩行に戻すのに苦労しました。
kozaruさんて、秘密にしておけないんですね。
そういうひとに、わたしはなりたい。
[ 2009/11/10 13:11 ] [ 編集 ]

ししゃもさん心配されなくても大丈夫だと思いますよ。
逆に似てる漫画ちょっと気になります。
[ 2009/11/10 13:30 ] [ 編集 ]

「主人の言葉で我に返り」

おおおっ!
長年花福日記を拝見してますが、こざるさんが店長のことを「主人」って書くのは初めてなのではっ??

本題から外れたところに目が留まっちゃってスミマセン。
[ 2009/11/10 14:27 ] [ 編集 ]

ガルーダでしたか

バロンだと思ってました(^^;)

ケガは大分良くなられたようでよかったです。
でも骨折とかヒビは治りかけが肝心なので、用心してくださいね☆
(旦那様止めてくださってよかったです・・・(笑)
直角君の視線も笑える・・・うぷぷ)

かく言う私も先々月、路肩の泥をうっかり見落としてバイクでコケました orz
打撲した所に未だにシコリが残っちゃってます;;
kozaruさんもお大事になさってください~~☆☆
[ 2009/11/10 15:18 ] [ 編集 ]

お大事に

ケガの原因に、トトちん並みのびっくりまなこになってしまいました。
私は昔、ワオキツネザルの横走りを真似して足がからまりそうになって以来、動物の真似は控えています。
ですので、なおオランウータンを試みようとするkozaruさんを、とても頼もしく感じます。
体調万全で、また挑戦して下さい!お足元にはくれぐれも気をつけて!
[ 2009/11/10 16:28 ] [ 編集 ]

なぜ~♪

サルを見ると血が騒ぐんでしょうか?
で、その杖は自前!?それとも動じないお医者さんが・・・?
[ 2009/11/10 16:28 ] [ 編集 ]

セーフ

みけこは乙女なのでサルのマネをしたことはありません。お姉やんだけだからね!

NoNさんのそのお話しすごく気になる~思い出して!
[ 2009/11/10 16:38 ] [ 編集 ]

私も・・・

私もアレって気がつきましたヨ
『主人の言葉で我にかえりv-254
妙にkozaruさんが女っぽく感じられました。v-238
[ 2009/11/10 17:14 ] [ 編集 ]

古い演歌

…『兄弟船』を、お贈りさせて頂きます。
理由は自分でも首をひねるばかりなのですが…

…失礼致しました。
[ 2009/11/10 17:24 ] [ 編集 ]

kozaruさん

本当は ええとこの子でしょ

>誰が エテコウの子やねん
[ 2009/11/10 18:03 ] [ 編集 ]

初コメさせて頂きます(o_ _)o))

ござる子さん…笑わずにいるなんて無理ですっ!!
でも、サルやオラウータンの真似したくなる気持ちはわかります。
私もサルの顔マネしたら、やりすぎてアゴ外れた事がありました。
行き付けの整体の先生に経緯を説明するのが
とても恥ずかしかった事は今でも忘れません。

私もござる子さんも、サルの神様の罰が下ったのですかねぇ…(T∇T)

どうか、お大事にして下さいっ!
[ 2009/11/10 18:04 ] [ 編集 ]

猿ネタ

こざるさん大変なのです、今名古屋では野生の猿が市内を逃げ回っているのです、屋根をつたい、電線を綱渡りしなんと夜の間に25キロ程移動しているのです。
この猿一度は檻に入ったのですが、餌のサツマイモだけとって檻を脱出したのです。いやーなかなか賢い猿ですはーv-14
[ 2009/11/10 18:27 ] [ 編集 ]

シファカ

NHKの番組予告でシファカが横っ飛びする映像がありました。kozaruさん、見ちゃダメよ。
[ 2009/11/10 18:37 ] [ 編集 ]

おだいじに

ヒビ、風邪大変ですね
ちょっとププって笑っちゃいそうでした

足を浮かして歩くと腰にきそうで、心配かも
kozaruさんは鍛えてるし、若いから大丈夫!
暖かくしてお大事にしてくださいね。
[ 2009/11/10 18:52 ] [ 編集 ]

嫌みじゃなくて

きれいな人ってたまにもったいないことしますよね。
同僚の美人が仕事中に隣で頭にペットボトルをいきなり、無意味に乗せ始めたことがあります。

そんな彼女は新人の女性に「しゃべらない方がいい、期待を裏切られた」と、ショックな一言を…。
そして私からも「見た目は内田恭子似、中身は青木さやか」と評されまたまたショック。

kozaru子さんも中身芸人チックです。
ご主人がんばってください。あなたが頼りです!!
[ 2009/11/10 18:57 ] [ 編集 ]

順調に回復されているようでしたら
何よりです~。
怪我の思い出は笑って話せるくらいが
ちょうどいい?のです。(体験談)
でも再発は断固阻止~
次回真似するときは安全確認の上で?
[ 2009/11/10 19:37 ] [ 編集 ]

うっかり

我が家の息子どもは
スパイ○ーマンを見ると、家中飛び跳ねてます。

・・・

だから、足の指のつめ 剥がしたりするんです

こざるさん お大事に
[ 2009/11/10 20:02 ] [ 編集 ]

ムツゴロウ王国

笑わないでと言われ
我慢してましたが…
シロテテナガザルと言うと
私は かなり昔 ムツゴロウ王国に居た
確か ナナちゃんと言う 女のコの おサルさんを思い出します

こざる子さんの エピソードには 大爆笑でしたが ふっと あの
ナナちゃんは もう
いないんだろうなぁ~と思うと ちょっと しんみりしました…
こざる子さんの シロテテナガザルは リアルで 記憶がフラッシュバックしました…誰か 覚えてますかねぇー?
しみじみしました…
[ 2009/11/10 20:14 ] [ 編集 ]

歌を一曲。

連れてぇにげてよ~ ついておいでよ~♪

セーフのこざるさんが『命』みたいなのと、
再度真似しようとしたこざるさんをみる直角ちゃんの目が好きです。

早く走れる日が来ますように!

[ 2009/11/10 21:17 ] [ 編集 ]

私も

若後家さん
私もムツゴロウ王国の番組大好きでした(^-^)。
なんで東京に来ちゃったんだろう。
そして動物はみんな無事に帰れたのか心配です。
←たまに東京の王国に遊びに行ってて、あのすきっぷりが高い人口密度が苦手な私には実に心地良かったのですが…。
ナナちゃん懐かしいですね☆
[ 2009/11/10 21:17 ] [ 編集 ]

歌を一曲捧げます。

♪連れてぇにげてよ~ ついておいでよ~♪

セーフのこざるさんが『命』みたいなのと、
再度真似しようとした姿をみる直角ちゃんの目が好きです。

お店の仕事に多少の支障があるかと思いますが、しっかり治して早く元気になってくださいね!

[ 2009/11/10 21:21 ] [ 編集 ]

「与作(kozaru)」
♪kozaruが ダンベルを蹴る~
 ぶら~ん トン たたっ 「ガッ!」
 (繰り返し)♪

出だしで浮かんだ替え歌の演歌はこの位です。
そうか…。ルビーの指輪も演歌だったのか…。
あれは「歌謡曲」という分類かと勝手に思っていた私。
しかし「歌謡曲」と「演歌」の違いが何であるか
明確に言えない私でもある…。

医師の反応の「ふーん」に
『「セーフ」じゃないでしょ!』
…って私はツッコミましたよ^^。
その時、医師の頭の中では、
ダンベルを蹴る状況を想像し、妄想し、それを否定し、
…結局「ふーん」で処理したのでは…。
カルテには「ダンベルを蹴る→何故?」位は
書いていたかも?

治るまで大人しくしていてくださいね。
お大事に。
[ 2009/11/11 00:06 ] [ 編集 ]

演歌ではありませんが、渡辺真知子さんの「迷い道」はどうでしょう。
♪まるで喜劇じゃないの~ひとりでいい気になって~

我慢できずにまたケガしたら

♪だから~いったじゃないの
ですね。
[ 2009/11/11 11:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/tb.php/611-433272cf









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。