スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幽霊船とみけこコラム 

図書館でなんとなく借りた本。

100301.jpg

これに載ってたリチャード・バラム・ミドルトンの「幽霊船」が
すごく面白かった。
ちょっとへんてこな、不思議な話がまさに私のストライクゾーンでした。
なんか得した気分です。
この作家のほかの話も読みたいな。

ポチっとよろしく!
banner_hanafuku.jpg
いつもありがとうございます!




みけこがハワイの「日刊サン」という新聞でライターやってるのは
以前も書いたのですが、時々書いているコラムが結構面白いので
たまにこちらでも紹介させてもらうことにしました。
今回はワイキキのヤシの木のお話です。
興味ある方は続きをどうぞ~。
「ワイキキのヤシの木ってどうして実がなっていないんだろう」

初めてハワイに来た時に、真っ先に浮かんだ疑問です。だってどのヤシの木を見ても、どこにもヤシの実がなかったのです。ローカルの人々に聞いてみると「うーん、ヤシの実が落っこちてきたら危ないから、実を取ってるんだよ、きっと。だってあんなものが頭に当たったら死んじゃうもんね」との答え。

ハワイ語でココヤシはニウniu。古代ポリネシア人によってハワイにもたらされたと言われています。
確かに古代ポリネシアの島々には、専門のヤシの実伐採人がいたようです。彼らはロープ一本でするすると木に登り、ココナッツの萌芽をナタでぶった切っていたそうな。ふうん。
私は勝手にその職業人を「ココナッツマン」と名づけました。

現代のココナッツマンはいかにして実を取り除いているのか? 
ヒマ人パワーを発揮して毎日ヤシの木を見上げていると、ほどなく本物のココナッツマンを目撃することができました。
手順はいたって簡単。彼らは①実がなりつつある木を下からチェック。②クレーンなどで上昇。③ナタでぶった切る。シンプルですが、きっと一番効率が良い方法なのでしょう。昔からほとんど変わっていないみたいですね。
 
さて、観察を続けるうちにロープ・ココナッツマンも見ることができました。彼らは本当にロープ一本で木に登ってしまうのです! あまりにも早業で、どうやってロープを操るのか全然分かりませんでした。すごい。

ところで先日この仕事の求人広告を見つけました。Wanted! Experienced tree climber
「求む! 熟練木登り師」というところでしょうか。いい人見つかるといいですね。
[ 2010/03/01 23:50 ] みけこ | TB(0) | CM(15)

やしの実

地道な努力によって安全が守られているんですね。あんなの頭に落ちてきたら、ひとたまりもないですよね。
幽霊船の話も面白そう。へんてこで不思議な話、私も好きです。読んでみたいですね。
[ 2010/03/02 08:29 ] [ 編集 ]

図書館

洗足池図書館ですか? 私が学生の頃は古ーくて、薄暗くーて、使いにくかったのですが、数年前に久々に行って見たらすっかりきれいになっちゃって、カフェまであるのでびっくりしましたよ。 「幻想小説集」、面白そうですね。私も探して見ようっと。もう大分前に出版された物なので今も入手できるか定かではないのですが、リブロポートの「倫敦幽霊紳士録」もお薦めです!
[ 2010/03/02 17:33 ] [ 編集 ]

やしの実

そうだったんですか
てっきり収穫して食べているものとばかり。。。
そういえば以前、沖縄の幹線道路のやしの木に
実が落ちないように網が掛けてあったのを思い出しました。
みけこさんって視点が素敵~!
ひとつ、疑問が解決です♪ 
博学になりました。ありがとぅ~♪
[ 2010/03/02 17:49 ] [ 編集 ]

みけこさんしっかりルポされてるんですね。

幽霊船の本は、こわくなければ読んでみたいです。
幻想系繋がりでメリメがkozaruさんのストライクゾーンにかするかもしれません。
[ 2010/03/02 19:29 ] [ 編集 ]

短くても話題を掘り下げて文章に出来るってステキです。
遠く離れてるけど、kozaruさんのブログを読めば身近に感じられますね。
私の読書熱はある日突然やってきます。数ヶ月で過ぎ去りますが…
物語の情景にふっと入って行けるような、丁寧な描写の本が好きです☆
[ 2010/03/02 21:00 ] [ 編集 ]

みけこさんのコラム面白いですね!
すごく読みやすいです。
そヤシの実はわざわざ取り除いていたんですね。
知りませんでした。
[ 2010/03/02 21:20 ] [ 編集 ]

さっそく

「幽霊船」、携帯で探して読んでみました。短編集もでているみたいなので、私も他の作品も読んでみたくなりました。
みけこさん、面白いコラムをありがとうございます。こざるさんがロープ一本で、スルスルと登るお姿を想像しました。
[ 2010/03/02 21:41 ] [ 編集 ]

熟練木登りさん募集!

今から、鶴舞公園で特訓してハワイへ移住しようかな(笑)
バリ島でロープでヤシの実を取る職人さん達を沢山見ましたよ。
人間業ではなかったです。
実技があったら、面接落ちるなぁ(泣)
[ 2010/03/02 23:23 ] [ 編集 ]

みけこさーん!

ハワイでお元気で楽しくすごされているようで何よりです。
きのうの半袖短パンの話ですが、私は旅行でロンドンに行ったとき
現地の人の服装がばらばらなので驚きました。秋だったのですが、
それこそタンクトップに短パンサンダルの人もいれば毛皮コート
の人もいて、確かに1日のうちに天候がころころかわる土地では
あるけれど、集団でみると季節感がおかしくなりそうです。
季節を感じさせるファッションより自分の体感温度に忠実なんでしょうか?
[ 2010/03/02 23:29 ] [ 編集 ]

なんだか、ロープ一本でやしの木にのぼる人の話で
たかすぎ~っていうCMを思いだしてしまいました・・・
やしの実の監視って、日本でいったら杉花粉の監視
みたいに思えます。日本みたいに木の植え替えなどは
しないのでしょうかね?
[ 2010/03/02 23:52 ] [ 編集 ]

みけこさんもハワイでお元気そうですね(*^^)/
ロープ・ココナッツマン、ハワイならではの技術者
といった感じで興味深いお話です。

異文化に興味津々なのに、ますます生きた英語から
私は遠ざかってますが…(f^^)
こざるさんオススメの本は日本語訳ですよね。
探して読んでみま~す♪
[ 2010/03/03 14:00 ] [ 編集 ]

ココナッツマン追記

以前ヤシの実が落ちてきて子供がケガをした事件があったそうで、それ以来管理が強化されたようです。

とはいえ、郊外や私有地には実がなっているヤシの木もたくさんあるので、南国に行った時はチェックしてみてくださいね♪

ココナッツマンはサモアなど南洋出身者が多いそうです。

ポリネシアンセンターでココナッツマンショーをやっているらしいので、今度調べてきますね~
[ 2010/03/03 19:17 ] [ 編集 ]

おすすめ

不思議な話好きなら、ラグクラフトが面白いですよ。
SF、ホラー、ファンタジーの要素をもった作品が多いです。
[ 2010/03/04 15:12 ] [ 編集 ]

ココナッツマンショー・・・

「ヒマ人パワーを発揮」されてからどれくらいの時間で目撃したのかなぁ?と思っていたのですが(東京とハワイの「ほどなく」って結構差がありそうだな、と思って。)、でも・・・あっちゅーまに遭遇したのかな・・・。

[ 2010/03/05 15:49 ] [ 編集 ]

疑問を疑問のままにして置かず、自分の目で確かめられるところに、みけこさんのライター魂を感じました。

今度ハワイに行った時は(未定。残念ながら)、『日刊サン』手に入れま~す!
[ 2010/08/21 17:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/tb.php/666-af1cf8af









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。