スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みけこエッセイ 

100308.jpg

今日はみけこエッセイです。

先日の津波のレポートです。


Tsunami到来

 2月27日朝6時半、いつものように猫(パンとマーチ)に起こされて起床。
ふたりにご飯をあげてから近所のラック※1に新聞を取りに行く。
なぜかいつもより外を歩いている人が多い。山には煙のような雲がかかっている。
 
いつもより少し早かったにも関わらず、新聞があと3部しかない。なぜ?ベンチでパラパラ目を通していると、おばあちゃんに「それ今日の新聞?」と聞かれる。YES。残念ながら、新聞ラックはもうカラになっていた。
 
 帰ってきてエレベーターの前の貼紙に気付く。「皆さんもう知ってると思いますけど、今日津波がきます」
えー?知らなかった!昨夜は仕事していて、テレビなどを見なかったのだった。
そういえばサイレンが鳴っていたような……
 
 近くにいた住人に尋ねると、「夕べからその話題で持ちきりよ」とのこと。うーむ。
「私ハワイに来たばっかりだから、こんなこと初めて」だそうですが、私も初めてです。
 
 8時半、ダンナの同僚から電話がかかってくる。この時ダンナは津波のことなどまったく知らずに寝ていたのだった。ダンナは今日11前に出勤予定、しかも職場はビーチウォーク……結局第一波が来るまで自宅待機ということになる。
 
 テレビは津波で異常に盛り上がっている。我が家はなんの準備もしていないけれど、食べ物も水もあるから大丈夫だろう、7階だし。でも本当に津波なんてくるのか?鳥は普通に鳴いているし、パンとマーチはグースカ寝ている。
 
 ワイキキビーチで水浴する男性がテレビに映る。「この人物はテレビやラジオやコンピューターというものをまったく所有していないか、著しく常識を欠いているのでしょう。これ程愚かな行為は生まれてこのかた見たことがありません」というニュースキャスターの冷静なコメントがおかしかった。
 
 11時40分、テレビに映るワイキキビーチは静かなまま。

 12時過ぎ、ダンナ仕事に行く。波に飲まれても寿司を握るつもりらしい。※2がんばれ~
 
程なく職場から電話がかかってくる。ワイキキは終末的に人がいないそうな。車も走っていない。営業しいているのはムース(Moose McGillicuddy’s朝から夜中まで営業しているパブ&カフェ)とスモーギー(バイキング専門レストラン)だけ。ホテルのラナイ(ベランダ)には人が群がっている。
 
 道中で立ち話をした警備員らしき若者は、たいそう腹を空かせており、これからレストランに仕事に行くと言ったら、「お前店を開けるのか!」と狂喜していたとのこと。
 
 トリニダードの友人から心配の電話がかかってくる。「たいしたことなかったよ。そっちは大丈夫?」と言ったら爆笑される。トリニはカリブの南、大西洋に面した島。分かってるよ、でも世界は繋がっているから、なにか影響があるかと思ったんだもん!
 
 ところで、tsunamiという言葉はすっかり国際化していますね。今回tidal waveという表現はまったく耳にしなかった。tsunamiが日本語だと知らない人が、世界にはどれくらいいるんだろう?
 
 最後になりましたが、地震の被害にあった方々に、心よりお見舞い申し上げます。 

================
※1ハワイには無料で新聞が置いてあるラックが
数箇所あるんだそうです。

※2みけこのダンナは寿司職人です。

ちょっと心配だったんですが
無事でほっとしました。
ハワイは被害が少なかったようですね。

被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げると共に
一日も早い復旧をお祈りしております。



ポチっとよろしく!
banner_hanafuku.jpg
[ 2010/03/08 21:34 ] みけこ | TB(0) | CM(8)

みけこさんの旦那さんは、職人さんなんですね。 何か意外です。 私の実家は海沿いなので、両親は津波警報の為避難しました。 親も初めての経験で、とても不安だったそうです。 津波は怖いですよ。 全てを引いていってしまいますから。 被災地の皆さんには、心からお見舞い申し上げます。
[ 2010/03/08 21:47 ] [ 編集 ]

こんばんは

日本でも一日中テレビで、津波情報をながしていましたね。お花の写真を添えるこざるさんの優しいお心遣い…
私も、被害にあわれた方々の事をお祈りしたいと思います。
[ 2010/03/08 22:40 ] [ 編集 ]

地震や天災は時と場所を選んでくれないからこわいです。
地震の無い国に住みたい。
みけこさん落ち着かれてますね(^^)。
[ 2010/03/08 23:29 ] [ 編集 ]

「太古から日本の海岸は、地震などでいつ起こるとも知れぬ巨大な大波に洗われてきた。この恐るべき海面上昇を日本人は『ツナミ』と呼ぶ」。

小泉八雲(ラフカディオ=ハーン)の『生ける神』で、ツナミの恐ろしさは語られています。ツナミという言葉が世界に広まったとか…。日本国内では、『稲むらの火』という作品にリメイクされて戦前の教科書に載っていたそうです。

tidal waveというと、月が影響する潮の満ち引きによる波 みたいな意味になってしまい、地震が引き起こす波の説明として不適切なんだそうです。

日本時間で書きますけど、
・ハイチ大地震 2010年1月13日
・チリ地震 2010年2月27日
・トルコ地震 2010年3月8日(マグニチュード5.9)
何だか、ここのところ連続して起きてますね…。

みけこさんのコラム、とっても面白いです。また紹介してくださいね~。
[ 2010/03/09 11:53 ] [ 編集 ]

臨場感溢れるレポートですね。
一般的なテレビなどのレポーターでなく、実際に住んでいらっしゃる方ならではの 『その日の様子』 とても興味深く拝見しました。

うちは 大きな地震がきたら浸水すると言われている地域です。 今回も警報が出、高台へ一応非難しました。
幸い 今回は何事も無く過みましたが、被害に会われた方に お見舞い申し上げます。
[ 2010/03/09 12:22 ] [ 編集 ]

日本発

みけこさんエッセイ、今回も興味深い話題でした。
そういえば海外ニュースでもtsunamiって言いますね。
さすがは地震大国・日本…いや、そんな大国は嫌だけど^^;

みけこさんの旦那様、寿司職人さんだったんですか。
プロサーファーさんかと勝手に思ってました(*´m`)
ハワイのSUSHI BARってお洒落そうですね♪
[ 2010/03/09 19:03 ] [ 編集 ]

ハワイは暖かいかな?

みけこさんの文章で少しだけでもハワイの雰囲気が感じられます。暖かい風が吹いてそうです。
地球は一つ、つながってるのを実感させられた出来事でした。
海の無い県に住んでますけど、それでもドキドキしながらニュースを見ていました。

今日のアレンジも素敵!ふんわりとしたシャツが似合いそうです。
※みけこさんは国際結婚だとばかり思っていました(^_^;)
[ 2010/03/09 21:14 ] [ 編集 ]

追伸

ハワイのカジュアルブランド「Crazy Shirts’」 では、先日の津波を記念して“Tsunami Survivor” Tシャツを限定販売中。

売り上げの一部はチリへ救援金としてアメリカン・レッドクロスに寄付されるそうですよ。
ちなみに1枚25ドルです。

[ 2010/03/11 10:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/tb.php/670-18cc01fa









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。