スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みけこエッセイ 

散骨1
今回はみけこが時々お手伝いしている
「散骨」のお話です。



散骨2


ハワイの風になって
 
 私のお墓の前で~泣かないで下さい~♪
 
というわけで、縁あって私は時々散骨のお手伝いをしております。
 
「散骨」と聞いて最初に思い浮かんだのは、映画で見た海軍のお葬式。海に沈められる棺とトランペットの葬送曲……。しかし、実際の散骨は随分趣の違うものでした。
 
 そもそも海に遺灰をまいて良いの?国や地域によって規定は異なりますが、日本もアメリカも基本的に可能です。海や山に遺灰を帰すような葬儀を、最近は一般に「自然葬」と呼んでいます。この自然葬、アメリカでは24%の人が行っているというかなり一般的なもので、200年以上の歴史があります。
 
 一方、日本で自然葬を行っているのは年間死亡者数93万人中1000人程。自然葬を望む人は増えているようですが、実際にどうすればよいのかが分からないという場合が多いようです。そんな人たちのために、自然葬をコーディネイトをしている会社があるわけです。私がお手伝いをしている会社は、日本人向けにハワイとアメリカ西海岸での散骨を行っております。
 
 式は大抵午前中から始ります。ホテルにお客様を迎えに行って、リムジンでケワロ・ベイズンへ。カタマラン船に乗り込みワイキキ沖に向かいます。散骨場所には規定があるので、指定の場所で船を止めていよいよ散骨。一緒にお花を撒いて、周辺を何度か回り最後のお別れ。そして港に戻るという約2時間です。散骨証明書と海図をもらえるので、後日同じ場所で故人を偲ぶこともできます。
 
 不思議なことに、お別れをしているとイルカや亀がやってきたり、虹が現れたりします。こういう瞬間は感動的。自分は自然の一部で、すべてはつながっているという、なにか大きな力を感じます。
 
 しかし知人にこの話をしたところ、「なんでそんなことをしてるの?」と首をかしげられてしまったことがありました。『おくりびと』の大ヒットで、この手の仕事は「素晴らしいもの」という印象があると思っていたのでちょっとびっくり。姉に意見を伺ったところ。

 「そういう人もいるよ。現代人は生老病死と切り離されとるからね。養老先生がいつも言ってるでしょ」とのこと。ウム。近代化が進むにつれて、人々は「死」を生活から遠ざけるようになったのだそうです。死にまつわる仕事に悪い印象がある人がいるのも当然なのですね。
 
 我が家はふたりとも自然葬を希望しています。子供もいなのでお墓があってもメンテナンスできないし。しかも自然葬は安い!  
 
 旦那はできれば火葬しないで山にそのまま置いてきて欲しいそうな。「そうすれば食物連鎖になるねん」とのこと。「私だって木の葉をちょいとかぶせてあげたいけど、そのまま置いてくると死体遺棄になっちゃうんだってさ」嗚呼、ままならぬものなりけり。
 
 ところで船の乗組員の方々は、イルカや亀を見つけるのがものすごく早い。やっぱり毎日海を眺めていると早くなるのでしょうかね。
 
そんなわけで、自然葬に興味のある方はhttp://www.b-horizon.usをご覧ください。
養老孟司著死の壁 (新潮新書)もお薦めです。




=================
そんなこと言ったけ~?
それはさておき、そうなんです、わが賃貸住宅には棺桶が入れられないんです。
階段が狭くて運び込めないんです。
お父さんが亡くなった時うちに連れて来れなかったんです。
そのまま斎場へ直行でした。
今そういう方が多いのではないでしょうか。

マンションやアパートの階段もエレベーターも狭くて
お棺を運び込めないお家が意外と多いと思います。

これが養老先生が言うところの「家から死(生老病死)を切り離した状態」ですね。
現代は生老病死の場は病院とか施設とか外部になりつつあるのですね~。




ポチっとよろしく!
banner_hanafuku.jpg


花福のホームページ

↓↓↓こちらもクリック♪お願いします♪
にほんブログ村 花ブログへ

いつもありがとうございます!


[ 2010/10/08 09:59 ] みけこ | TB(0) | CM(24)

散骨にしてもお墓に納骨するにしても、元気なうちに自分の希望を書き遺しておきたい、と思います。散骨という、けじめの儀式のサポートをなさっているみけこさんに、感謝したい気持ちです。
[ 2010/10/08 12:04 ] [ 編集 ]

昔はもっと死が身近だったから

却って老、病、死に対する不安は小さかった気がします。日常の延長という感じで。私も墓に入りたくはないですね。灰になった後は適当にどっかに埋めるか流すかしてくれたほうがいいです。
[ 2010/10/08 12:29 ] [ 編集 ]

それくらいがちょうどいい

死んだら、灰にして、故郷の川の澄んだ上流に流して欲しいです。それくらいが僕にはちょうどいいような気がします。
でもハワイも心底好きだから、明け方一握りだけマウナケアの山頂からパ~っと撒いて欲しい。その瞬間朝日がのぼってきたら最高だなぁ。
[ 2010/10/08 13:20 ] [ 編集 ]

興味深いエッセイでした。ありがとうございます。

人が亡くなるとき、誰かが世話しなきゃいけないし
それは子供でも大人でも変わらないことなのに、
なぜか葬儀に関わる仕事は敬遠されますよね。
みけこさんみたいに「何で?」って言われる人も多いでしょうね。

「おくりびと」の原作の「納棺師日記」も考えさせられる本でした。
[ 2010/10/08 13:51 ] [ 編集 ]

こんにちは。
いつも拝見させて頂いています。

丁度お盆休みの時に散骨の話を娘にしたので、妹さんのお話参考になりました。

私は家族とあまり仲が良くなかった事と、死んでまで狭いお墓に縛られる事が嫌で自由になりたいからと、娘に「ママが死んだら骨は海に散骨してね」と頼んだのでした。
母一人子一人なので、娘がお墓に縛られるのが可愛そうです。

中二の娘は「海は繋がってるから海水浴に行った時にでもママを思いだせるね」って言ってました(笑)
[ 2010/10/08 15:09 ] [ 編集 ]

こんにちは。良いお話ですね。
ワタシも散骨と言うか死体遺棄して欲しい派ですよ(笑)
[ 2010/10/08 15:52 ] [ 編集 ]

いつか公平な世の中に・・・

 散骨と云えば、つかこうへい氏・・・・遺言により、母国と日本を遮る対馬海峡に散骨されたのは記憶に新しいところです。狭い国土の日本ですから、いろんな意味で合理的な散骨がポピュラーになる時が来るような気がします。

 みけこエッセイ、毎回楽しみです。^^

[ 2010/10/08 17:41 ] [ 編集 ]

興味深いです

つい数日前、94歳のおばさん(私のおばあちゃんの妹)が亡くなり
お葬式がありました。

うちの母、斎場でのお葬式は寂しくて嫌だそうで。
おときは仕方ないけれど、葬儀は自宅でやってほしいと言われました。
でも、実家はクマさんが出るような山の中。
バスだって平日でも1日数本の場所。
葬儀に参列していただくだけでも大変です。
まだ先の事ですが、いろいろ考えないといけないですね~。

ちなみに、30年ほど前のおじいちゃんの時まで、土葬でした。
今は火葬でないといけない条例があるみたいです。
田舎なので、お墓は20畳くらいの広さがあり、お掃除だけでも大変。
でも、うちにいた歴代の犬たちも一緒の敷地に埋葬されています。
それは自慢。
[ 2010/10/08 18:52 ] [ 編集 ]

いいお話でした

初めてコメントします。なんだか心に沁みたので。

海がめやイルカに見送られるのってステキだな~。
きっと海の中に、「魂の見送り係」を受け持ってる
イルカくんや海がめさんがいるんだろうなぁ、
って気がします。

私もアメリカ西海岸で自然に還りたいです。
[ 2010/10/08 21:03 ] [ 編集 ]

うちのママンは担架で帰宅

うちのマンションは1Fなのですが、ママンはオンザ担架で帰宅しました。
今まで考えたこともなかったですが、確かにインザ棺おけは無理ですよね。ドアが小さいですもん。
エントランスからの曲がり角も・・無理だなー。

ちなみに。私も以前「秋の森の中で、枯葉の上に横たわってきらきらした木漏れ日を見上げながら、
うっとりと永遠の眠りにつきたいなあ」って姉に言ったら
「それ、どう考えても殺人事件の被害者」と言われました。えーん。

とりあえず、私はうちの墓の敷地に桜の木でも植えて、その根元に納めてもらおうと思ってます。
[ 2010/10/08 21:41 ] [ 編集 ]

それはとても良い仕事

私も散骨してくれるよう夫に頼んであります。
子供もいないし、近くの海はきれいだし、海は地球中つながってるから、墓参に来れないと思う人は海を見たらいいじゃないか・・そこに私はいますよ。と。
今、悩んでるのは、臓器提供はいやだが、献体はかまわんのだ・・しかし、それは夫的どうか?ということ。
献体するとお骨で戻るまでに1年くらいかかるとか。
[ 2010/10/08 21:53 ] [ 編集 ]

自然葬

死んで、嫁ぎ先のお墓に入ることがふに落ちない私は、常日頃子供たちにお墓はいらないから、実家の近くの海にこっそり散骨してくれるように頼んでいます。ま、まかなくてもいいんですけど。お墓も仏壇もいらないから、ときどき思い出してくれればそれでいいです。
みけこさんのお仕事大切なお仕事だと思います。
[ 2010/10/08 22:03 ] [ 編集 ]

納得いくように。。。

そうですね。

おばあちゃんの時に階段狭いのに無理に家に帰して可哀想だったからと、父の時は帰さず式場へ。

でも母はやはり後悔してまだ心に残っているかも。。。

難しい問題ですね。

私は夫もいますが、死んだら生まれた所に帰りたいので単純に両親と一緒の墓に入りたいです。

海への自然葬も考えましたがね、自分と向き合って。

子どもの負担も考えて、浅草浅草寺へ永代供養を申し込んであります。
これいいですよ。(私はお寺と何の関係もありませんので宣伝ではないですよん)
[ 2010/10/08 22:55 ] [ 編集 ]

散骨してもらいたいな…

私が生まれた日に隣の家のおじいちゃんが亡くなったのを皮ぎり?に、
今までの人生で数多くの死と対面してきました…
先祖代々の仏壇があり、毎月お参りはあるし、お墓もあるし、
最近亡くなった父の最後は自宅でしたので死はとても身近なものです。
ガンジス川にプカプカ流れていく生焼けの方を目にしてからは
いっそう無常というか不可避というか哲学的な気分になっています。
でも!今までお墓参りに行って「この中に入るんだなー」って思っていたけど、
この海を見たら考えが変わってきました(^^)
[ 2010/10/08 23:57 ] [ 編集 ]

お棺って

あたりまえですが人間より大きいですからね。
両親の住むマンションのエレベーターも棺を横にしては
乗れないサイズ…と思っていましたが実はその場合
エレベーターの箱の下部の板?をとりはずして使えるんだそうです。
そのことを知ったのは父が入院したとき手術の麻酔から覚めて
「ああよかった、生きてた。言い残したことがあったから」
というので重大な話かと思ったらその話で、その板をはずすための
鍵を今うちが預かっててドコソコに置いてあるって言うのを忘れてたって。
そんなこと気にしてたんかい、と脱力しました。
[ 2010/10/09 00:29 ] [ 編集 ]

自然に還る

興味深く読ませていただきました。
海へ撒いてもらったら、お魚もいっぱいいるし
そりゃ、賑やかでいいかもしれませんね。
お墓に縛られた人生の最後よりも
海へ還るために人生の最後をむかえる・・・と
考えたほうが死に対して恐怖心が薄まるかもしれませんね。
たくさんの死をテーマにした話しの中で一番、心が温かくなったエッセイでした。
[ 2010/10/09 04:24 ] [ 編集 ]

皆さま貴重なご意見ありがとうございます。

私の本職はライターなので、お手伝いは2ヶ月に1度くらいですが、今後もできるだけ続けていきたいと思います。

自然葬について詳しく知りたい方は、是非www.b-horizon.us

をご覧下さい。参考になると思いますよ。
[ 2010/10/09 04:46 ] [ 編集 ]

私は「死」がコワイ。
未知だからコワイ。
でもね、こればっかしは、一回こっきりそれっきり。
「心」は消えるの?どうなるの?
...心が無くなるのがコワイ。

夫には
「私が先に死んだら、ポツンと骨壺一個、お墓の中に入れんといてね。お家に置いてや。」
と言っています。
[ 2010/10/09 07:35 ] [ 編集 ]

近所にも

何年か前に斎場が出来て、主に喪主が50代以下の若い世代の方が利用するそうです。田舎なのでそんなに多くはありませんが…。

もし私が先に死んだらお葬式ではなく「告別パーティー」にしてくれと家族には常々言ってます(^-^)最期は家族やお世話になった方々に華やかに賑やかに送り出して欲しいので。
[ 2010/10/09 11:23 ] [ 編集 ]

「ワタシが死んだらお星様にしてくれ♪」
宇宙葬に興味があり、できればそうしてほしい旨を伝えたところ、
主人には「これ以上宇宙にゴミを増やさないで~」と
言われてしまいました…
ワタシはゴミか…
遺骨の一部でダイヤモンドにしてもらうのでも可♪
あとはお好きなところに散骨してほしい♪

なぜココで告白…?


ぽちりんこ♪
[ 2010/10/09 16:06 ] [ 編集 ]

みけこさんのこのエッセイは数日前に読んでたんですけど、思いのほか真剣に考えてしまいました^^
自分の死後をどうするか?どうしたいか?
希望があればはっきりさせておくべきですよね。
一人なんで余計に…ですね。
[ 2010/10/10 16:04 ] [ 編集 ]

韓流ドラマラヴ❤なワタシ。

ドラマだけなのかも知れませんが
韓国では散骨が多いようで、
この頃ちょっと気になっていました。


話変わって
ワタシの父が亡くなった時
ワタシは一人っ子の分際で嫁いでしまったので
お墓をどうしようかと思っていたのですが
(うちは両親からの世帯だったのでお墓がなかったのです)
母方の伯父が、
母方の実家の方の共同墓地に土地を買ったので
そこに一緒に入らない?と声をかけてくれました。

墓地を建てるときにお金をいくらか出して
建てたのですが ちょっと面白い作りで。

墓石が普通にあって、その奥の後ろ側のスペースの床部分に
6つ四角いマンホールみたいにフタ付きの穴があって
骨壷をそこに収めるんです。
父が一番乗りで前面の中央に入ったのですが
今年になって知らない方が隣のスペースにはいられました^^;

伯父は葬儀屋なので、いろんなとこのいろんな事情を見て
思いついたのかも知れないのですが、
ちょっと新しくないですか?

母は他人が入るなんて聞いていなかったとちょっとご立腹でしたが
ワタシ自身は、いろんな人がお参りに来てくれるようで
面白いなと思うんです。
ワタシは一人っ子で子供もいないので、
ワタシに何かあったら
誰も父に手を合わせてくれる人がいなくなってしまいますしね。

で。
上にもいらっしゃいましたが
嫁ぎ先のお墓には絶対入りたくなく…
伯父に「ワタシもココに入りたいなー」と言っていたら
「良いけど早い者勝ちだよw」と言われていて
それでも入るんだい!と言ってたのですけど、
今回のみけこさんのエッセイを読んで
ワタシも散骨してもらいたくなりました。

っていうか、旦那さんに父のとこのお墓に入れてねって
良く言ってたんですが、今度時間があるときに
やっぱり散骨にしてってお願いしようかなと
いう気持ちになりました。

なんだか決めたらスッキリしましたよー
不安が消えました^^

みけこさん、こざるさんありがとうございます^^


[ 2010/10/10 21:39 ] [ 編集 ]

はじめまして

いつも花福さまから素敵なお花を届けていただき感謝しています。

自然葬まさしく今日、大切な友人を彼が愛した海に還してきました。
大雨だったのに昼過ぎからは晴れ、セレモニーが始まる直前に富士山が美しい姿を現してくれました。
お別れというよりもいつか彼とこの海で会える、そんなイメージを強く抱きました。

いつの日か猫たちを見送ったあとに、私たちも海に還って行きたい思っています。
[ 2010/10/10 22:23 ] [ 編集 ]

私も死んだら散骨して欲しいです。できれば両親の田舎の川がいいです。でもハワイも素敵だな―。

わりと死とか葬式・墓について真面目に考えることがあるのですが、夫に言ったら「生きてる間はそんなこと考えないでいいの」的なことを言われてちょっとしょんぼりでした。

でも養老先生じゃないけど死ぬことだけはどんな生き物も100%確実なのになんでタブーなんでしょうかね。
[ 2010/10/12 17:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hanafukukozaru.blog98.fc2.com/tb.php/789-5584d329









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。